幸か福岡かふくおかひろし

 
 

大津島


日本で初めて女性の民間放送取締役に就任したのが磯野恭子さんだった。
家から3kmほど離れた場所の出身者であったことは古くから知っていたが、島に住んでいる人の紹介があり、それ以降親交を深めている。
戦争末期の人間魚雷「回天」の搭乗員の生涯を伝えた「死者たちの遺言―回天に散った学徒兵の軌跡」は文化庁芸術祭優秀賞、放送批評懇談会ギャラクシー賞、放送文化基金本賞を受賞した。
多くのドキュメンタリー作品を手がける話を聞いているうちに、回天の舞台である大津島に行きたいと思っていた。
長いトンネルの向こうに今でも残る訓練基地の跡。145人が海の藻屑と消えて行った。
青い空と海が、時の流れを見つめていた。

港町ブルース歌碑(気仙沼市)

津波に会いながら、今も森進一の心を伝えるスポット。

三原駅

城壁の上に立つ駅舎

鞆の浦(福山市)

昔ながらの街並み残る

瀬戸の滝(廿日市市)

瀬戸内海の源流を訪れる。

厳島神社

大鳥居を歩く