旅行(宮城県)

マグロを追い出港 見送る姿船遠く

2014年05月04日

岩手県宮古市に所属する第八十八清福丸が、4日、気仙沼港を出港しました。

 

同船は平成24年3月に完成。全長56.51メートル、総トン数379トン、乗員23人の鋼製遠洋鮪延縄漁船。
これから、マグロを追って南半球で遠洋漁業を操業。日本に帰ってくるのは、1年先だといいます。
昔は、もっと華々しい出港でしたが、200海里経済水域を設定されてからは、こじんまりした見送りに。漁獲高の歩合だった収入も最近は月給となり、男のロマンだった時代は遠い過去のものとなりました。
最近は、遠洋漁業に出発する船を見かけるようになりました。「どうか無事に操業して」と船が海のかなたに消えるまで見送りました。

 


宮城県気仙沼市